ショックロスとはどんな現象か

ショックロスとはどんな現象か

 

 

植毛後、既存のヘアの脱毛が起こるケースがあります。
これをショックロスとかショックと呼びます。

 

正確には『植毛の影響と思われる既存のヘアの一時的、または永久的脱毛』
と定義され、植毛後1〜2か月後に見られます。

 

 

スリットを数多く設けるために、毛切れなど機械的もしくは血行などの変化が原因で
一時的にヘアの環境が変化し、既存のヘアが休止期に入ることが原因と考えられます。
そのため、休止期脱毛と言う言い方をする場合もあります。

 

通常、ショックロスで抜けるのは一時的脱毛(3〜4カ月)がほとんどですが、
細くなってきた弱いヘア(最終段階のヘア)が抜けた場合、再び生えるとは言えません。

 

その場合は、永久的な脱毛と言うことになります。

 

また、2回目の植毛を行った後に、1回目に植えた移植毛の脱毛はほとんどありません。
太くて健康な毛のロスはほとんどないか、あったとしても少なく
逆に、細くて弱いヘアのロスは多くなっています。

 

 

各部位ごとの植毛とショックロスについて

 

ヘアラインの植毛・・・ショックロスを気にせず出来るだけ高密度に植毛をしたほうが良い。

 

つむじへの植毛・・・仮に植毛で濃くできたとしてもさらに数げになる可能性がある。
先が読みにくい場所なので、あまり攻撃的な植毛はしないほうが良い。

 

術後の薬物投与・・・場合によってはお勧めです。
植毛後にプロペシア・ミノキシジルの投与はショックロスの予防や改善に有効だと言われています。

 

技術的には、ショックロスの多いクリニックと、少ないクリニックがあるようです。
例えば単一植毛を行っているクリニックではショックロスが話題になることはまずありません。
このことは、小さなスリットで植毛すれば問題にならず、
逆に高密度の大きなスリットでは、より頻度が上がることを示しているようです。

 

高密度に植毛をするということは当然ニーズです。
とすると、なるべく『小さなスリットで』ということになります。
同じ本数ならばより多くの株を、つまりより小さなスリットで多くの株を植えたほうが
ショックロスには有利ということになります。

 

 

ショックロスを防ぐための具体的な3つの方針

 

1.同じ範囲に複数回植毛をする場合、なるべく期間をあける。
(出来るならば8カ月以上)

 

2.女性に起こるびまん性のタイプの薄毛には特に慎重に行うこと。
一般的にこのタイプの薄毛はドナー部位も薄くなっている場合が多く
植毛はあまりお勧めできません。

 

3.余り密度が下がっていない部分にはなるべく植毛を行わないようにするか、
少し控えめに植毛をする。

 

全ての人がショックロスを経験するわけではありません。
あるデータでは、ショックロスが起こる確率は20パーセントと言われています。
逆に言えば8割の方は気になるショックロスは無かったということです。