2回目の植毛はいつするべきか

2回目の植毛をする場合、どのくらいの期間を開ければよいのでしょうか?
これもケースバイケースで変わります。

 

1.初回植毛した場所と別の場所に植毛する場合

 

2.密度を上げるために1回目と同じ場所に植毛する場合

 

1.の場合は、ドナーの傷やテンションが十分回復するのを待って、
最短で3ヵ月後くらいに2度目の植毛をすることができます。

 

ドナーのツッパリ感が改善しない状態で同じ傷からテンションをとると
テンションによって傷が広がったりドナーの休止期脱毛を起こす場合があるからです。

 

2.のように、同じ場所に植毛する場合、ドナーの回復具合だけでなく、
1回目に植毛した部分の発毛状態も考慮する必要が出てきます。
発毛はおよそ6カ月で完了するので、それ以降はいつでも2回目の植毛が可能ですが、
やはり、結果が出る8〜10カ月くらいはじっくり様子を見たほうが良いと思います。

 

『もっと早く植毛をして髪の密度を上げたい』そんな方も多いと思いますが、
余り短い間隔で同じ範囲に植毛すると、最初に植えてまだ発毛していない毛母細胞に、
スリットによるダメージを与える可能性が高く、その分余計なドナーが必要になるリスクがあります。

 

密度を上げるために2回目の植毛をする場合、
まずワンスカーテクニックを用いて前回の傷と同じ場所から幅1〜1.2センチ程度、
長さは前回と同じくらいを切除してドナーを採取します。

 

次に植え込みのためのスリットを、今度は前回に植えた毛根と毛根の間に植えてゆきます。
そのため、植毛後のかさぶたもヘアの間に隠れて初回ほど目立ちません。

 

植毛後、後頭部のツッパリ感は残りますが、これも前回とほぼ同様か、やや強めだと考えていてください。
このツッパリ感もやはり2週間程度で気にならなくなるはずです。